脳の健康 脳が健康でなければ、いくら能力開発についてとレーニングを行ったとしても意味がないでしょう。脳を健康にするという方法、その一番のやり方は、ストレスを感じないことが一番の方法になります。人間の脳と言うものはストレスを感じて緊張状態が続けば、視床下部から、副腎皮質刺激ホルモンと言う物質が分泌され始めます。この副腎皮質刺激ホルモンからコルチゾルと呼ばれている物質が出るのとは言え、これは耳馴染みのある言葉に開ければ、ステロイドです。ステロイドなら御存知の人もも少なくないのではないかと思います。ストレスを感じたり受けたりすれば、このステロイドが体の中に出継続させる事になって、これは脳のいろんな細胞と合体して、行く末は、脳を死滅させる働きがある怖い成分なのです。 記憶に関しての脳の部分として海馬と言う場所がありますが、この細胞とステロイドが合体して放っておいたら、海馬の細胞が死んでし合って、機能障害が起きます。記憶障害が起きたり、不安な気持ちが増えて、普通の精神状態で入られなくなる事もありますから、ストレスは精神異常の引き金にもなり本当に怖いみたいです。 脳の健康を保ちたいと思っている人は、ストレスを溜めない、ストレスを受けない、不安な気持ちを引きずらないことや、不快だったこと、悲しかったこと、憎んだことなどは後から思い返したりしない努力が必要になります。 心配はるでしょうが心痛はしないことがポイントです。ストレスに感じることがあっても、悩まないことです。悩めばずっと脳の中にストレスホルモンが出継続することによって、脳を死滅させてしまうのですー